コンプライアンス・リスクマネジメント

コンプライアンス

基本的な考え方

当社グループは、国の内外を問わず、人権を尊重するとともに、関係する法令、規則等を遵守するとともに、その精神を尊び、高い倫理観と社会的良識をもって、コンプライアンスを実践しています。

コンプライアンス推進体制

当社グループでは、グループ経営に重大な影響を与えるリスクの認識と対応を図るとともに法令・企業倫理遵守を徹底するコンプライアンス体制を推進するために、グループ・コンプライアンス推進委員会を設置し、グループのコンプライアンスの統括を行っています。

グループ・コンプライアンス推進体制

企業行動憲章・コンプライアンス行動基準

当社グループの役員および全従業員は、企業行動憲章、コンプライアンス行動規準および内部通報制度等が記載されたコンプライアンス・プログラムの遵守に努めております。

企業行動憲章

サステナビリティ / 公正な事業慣行 / コンプライアンス

内部通報制度

従業員の声をコンプライアンスの実践に反映させるシステムとして、内部通報窓口「あすか製薬ホールディングスコンプライアンス相談窓口」を整備しており、教育研修などを通じてその存在を周知しています。従業員の利便性を考慮し、窓口を社内外に設けているほか、匿名での相談も受け付けており、いずれの事案にも適切に対処しています。

リスクマネジメント

基本的な考え方

当社グループでは、事業活動に影響を及ぼすリスクに対応するため、経営危機管理規程を制定し、特性・リスクごとに分類したリスクマネジメント体制を推進しています。年度ごとにリスクアセスメントを実施し、その結果を踏まえた対策の策定、実施、評価を行い、各部門がそれぞれの課題解決に向けて計画的に取り組んでいます。

また、医薬品の安定供給の観点から、大規模な地震、津波などの被害を想定した事業継続計画(BCP)も策定しています。

今後も想定されるリスクへの備えを充実させ、従業員への啓発活動を行うとともに、危機管理体制のさらなる充実を図ります。

TOP