HOME>サステナビリティ>社会>サプライチェーン

サプライチェーン

サプライチェーンポリシー

当社グループは、経営理念実現のため、国内外すべての事業活動において、公正、透明で自由な競争を行い、関係取引先等とは健全かつ正常な関係を保ちます。


サステナブル調達に対する考え方

あすか製薬ホールディングスグループの事業は大切なビジネスパートナーである多くの取引先の皆さまに支えられ、成り立っています。当社グループは、製品・サービスの品質の維持・向上および安定供給に向けて、パートナーとなお一層の信頼関係を構築することで、ともに発展することを目指しています。

当社グループは、2021年度に国際連合が提唱する国連グローバル・コンパクトに署名し、「人権の保護」「不当な労働の排除」「環境への対応」「腐敗防止」に関わる 10 原則を支持しています。当社の経営理念「先端の創薬を通じて 人々の健康と明日の社会に貢献する」のもと、 グローバル・コンパクトの提唱する 10 原則を日々のオペレーションに組み込むことで、サステナブル調達の取り組みを推進します。

1.公平公正な取引

取引先については、提供物の品質・安定供給・価格だけでなく、環境への影響および人権配慮等を総合的かつ公平・公正に評価し選定します。

2.法令、社会規範の遵守

関係各国の諸法規や企業倫理、社会規範などのコンプライアンスを遵守した取引を実践します。

3.相互理解と信頼関係

お互いの立場を理解し、適切な信頼関係を築いたうえで共存共栄をはかります。また、取引上知り得た情報は適切に管理し、守秘義務を遵守します。

4.環境への配慮

あらゆる事業活動において、気候変動を含めた環境への配慮に努めます。地球環境の保全と持続可能な社会実現への貢献を期し、取引先には当社環境マネジメント/環境理念への理解をはかります。

5.人権尊重

児童労働を含め、人権に関する関係各国の規範に則り、すべての人々の人権を尊重し、安全衛生、労働環境に配慮した調達を実践します。

6.アニマルウェルフェア

アニマルヘルスを擁する当社は、アニマルウェルフェアに関する法令を遵守した事業展開に努めます。

社内への浸透

当社グループでは各本部のサステナブル調達活動を推進する担当者に対して、サステナブル調達の重要性や当社の考え方について教育研修を行っています。また、全社員を対象としたe-ラーニングの準備を進めています。


推進体制

コーポレート・ガバナンス基本方針

https://www.aska-pharma-hd.co.jp/invest/governance/governance.html

コーポレート・ガバナンス体制図

https://www.aska-pharma-hd.co.jp/invest/governance/basic_policy.html#anc2

サステナビリティ基本方針、ESG推進体制

https://www.aska-pharma-hd.co.jp/csr/sustainability/basic_policy.html


取引先パートナーとの連携強化を支援する取り組み

サプライチェーン再点検の継続的な実施

当社グループは、取引先パートナーと健全な取引関係を構築することで、持続可能な社会の実現に貢献します。取引先については、サプライヤー評価システムや、チェックリストを用いて選定・評価しています。サプライヤー情報は一元化し、常に内容の充実・アップデート・関係者との共有を行い、より良いサプライヤーの選定と取引ができる体制を構築しています。 また、システムの活用によりサプライヤーの評価結果と影響度の可視化を行い、優先順位を明確化して課題改善にも取り組んでいます。 さらに、工場・事業所の視察や面談等を通じて持続可能で倫理的な調達活動を働きかけています。


取引先パートナーとの公正公平な関係構築

  • 当社グループは、国内外を問わずすべての事業活動において、公正、透明で自由な競争を行い、取引先パートナーとは健全かつ正常な関係を保ちます。

  • 取引先パートナーとの共創により、持続可能な社会の実現に貢献します。

  • 事業活動に関わる贈収賄禁止の理解を求めます。

  • 法令、企業倫理遵守を徹底し、機密情報の不正取得・漏洩を防止します。


  • 安定供給を継続するための取り組み

    安定的に製品を供給するためには、生産体制の強化、生産性の向上が重要と捉えています。あすか製薬では、製造所における原薬の在庫状況確認等、原材料の安定的な調達から製品化まで一貫して管理しています。また、各取引先との情報交換や新規サプライヤーとの協業等にも積極的に取り組んでおり、計画的かつ効率的な生産を行うことで、安定供給の継続に努めています。


    グリーン調達

    当社グループは、企業理念に基づき、ESG経営の推進を重要施策に掲げ持続可能な社会の実現を目指しています。その一環として必要な資源の調達・購入に際しては、より環境に配慮された原材料等を優先的に調達・購入するグリーン調達に取り組んでいます。


    責任ある鉱物調達

    当社グループは2021年度に国際連合が提唱する国連グローバル・コンパクトに署名し、「人権の保護」「不当な労働の排除」「環境への対応」「腐敗防止」に関わる 10 原則を支持しており、持続可能で倫理的な調達活動の推進に取り組んでいます。


    内部通報制度

    従業員の声をコンプライアンスの実践に反映させる体制として、内部通報窓口「あすか製薬ホールディングスコンプライアンス相談窓口」を整備するとともに、当社グループの役員が関与するコンプライアンス関連事案を相談・通報できる窓口として、あすか製薬ホールディングスの常勤監査役による窓口(監査役窓口)を設置しています。
    通報は、匿名でも受け付けており、いずれの事案にも適切に対処しています。公益通報者保護法の趣旨に則り、通報者の保護はもとより、コンプライアンス関連事案の収集・調査・是正措置が適時適切に行われるよう運用しています。


    贈収賄防止デューデリジェンス

    当社グループは、新規に取引を予定している企業や既に取引している企業には、デューデリジェンスを実施し、贈収賄および腐敗行為に関するリスクの低減に努めています。


    生物多様性

    当社グループは、事業活動に伴う環境への負荷が生物 多様性に影響を及ぼしていることを認識し、生物多様性の維持・保全のため、省資源や気候変動対策など、さまざまな環境負荷の低減に努めています。また、動物用医薬品事業と動物用飼料添加物事業の展開を通じて、人と動物が共生できる社会づくりにも貢献していきます。

    アニマルヘルスへの取り組み

  • 飼料添加物フィターゼの販売により天然資源であるリン鉱石の使用削減に貢献しています。

  • 「塩酸L-ヒスチジン」は、新規飼料添加物に指定されています。当添加物は養魚飼料の魚粉使用量の低減や、天然魚粉資源保護への寄与が期待されています。


    • リン鉱石:生物にとって必要不可欠な元素であり、生物多様性をもたらすリンの採取に必要な物質。

    研究における倫理的配慮

    当社グループは、人々の健康とアニマルヘルスに貢献するため、医薬品の研究開発に取り組んでいます。
    あすか製薬株式会社では、動物の愛護および管理に関する法律や厚生労働省の基本指針(※1)に準拠した社内規程を策定し、動物福祉に配慮した動物実験を行っています。すべての動物実験は3R(※2)の原則を念頭に計画し、動物実験委員会による審査および実施機関の長の承認を受け、AAALACインターナショナル(国際実験動物管理公認協会)(※3)の認証施設内で行っています。また、年1回の自己点検を実施しています。ヒト組織・遺伝子利用研究については、倫理的配慮として倫理審査委員会を設置し、研究の適切性を確認しています。
    あすかアニマルヘルス株式会社では、動物の種類や習性を考慮した飼育環境の下、動物の苦痛・恐怖・不安を排除した倫理的かつ科学的に適正な動物研究により、動物福祉に配慮した医薬品開発をおこなっています。

    • ※1 基本指針:厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針
    • ※2 3R:Refinement(動物に対する苦痛の軽減)、Replacement(代替法の利用)およびReduction(動物利用数の削減)
    • ※3 自主的な審査と認証プログラムを通して、科学における動物の人道的な管理を促進する民間非政府組織。