先端の創薬を通じて 人々の健康と明日の社会に貢献する先端の創薬を通じて 人々の健康と明日の社会に貢献する

専門性の高い製品・サービスの提供により「社会への貢献」と「グループの成長」が重なり合う経営を実行します

「中期経営計画2025」では、「先端の創薬を通じて人々の健康と明日の社会に貢献する」という経営理念を実現していくために、「ESG経営の推進」を重要施策に掲げています。まず2021年4月に、ホールディングス体制への移行に合わせてESG委員会」を設置しました。今後は委員会が中心となって、グループ全体で推進すべきマテリアリティを適宜精査・特定し、取り組んでいきます。並行して、経営理念の実践と中長期的な企業価値の向上、そしてステークホルダーの皆さまとの信頼関係構築にも努めます。

環境の観点では、生産活動をはじめすべての事業活動を対象に、エネルギー使用量の減少、廃棄物排出量の削減・再利用の促進、大気や水質に影響を与える物質などの排出抑制を、具体的な数値目標を定めて取り組んでいます。

社会的な要素としては、私たちのビジネスが有する社会貢献性を踏まえ、例えばホルモン関連物質による人々の健康とQOLへの貢献など、各事業の独自性ある活動を継続していく考えです。とりわけ産婦人科領域の治療薬や、2020年に設立した新組織「女性のための健康ラボMint+」の情報発信力を活かし、女性の健康とライフステージに応じた実り豊かな生活をサポートしていくことが、私たちの重要な社会的使命のひとつだと認識しています。また、市場規模の大小にかかわらず必要性の高い医薬品に挑み続けてきた私たちだからこそ、いまだ有効な治療法が見つからない疾患に対する医療ニーズ「アンメットメディカルニーズ」にも応えていきたいと思っています。

企業統治の面では、当社内にグループ全体のガバナンスを統括する機能を設置し、統一されたポリシーのもとで事業運営を行える体制を整えました。また、ダイバーシティを重視した人材採用と育成にも注力しており、年齢や属性にとらわれず、多様な人材が活躍できる環境づくりを「中期経営計画2025」期間においても進めてまいります。

代表取締役社長

TOP